booklet printing

技術と信頼性をしっかりチェックしておく冊子印刷の業者選び

● SITE MAP ●

● Pick Up ●

冊子印刷の発注時は専門用語に注意

冊子印刷を業者にお願いする人も多くなっていますが、出来上がりの際にはイメージと違ったものが出てきてしまうことがあります。実はこの多くは発注や打ち合わせの時点で基本的な用語の理解が不足していて、意思疎通がうまくいっていないことが多いのです。そこで、冊子印刷に関して必要となる用語をまとめてみました。まず、以下は部位等を示す用語です。
表1は、一般的に「表紙」と呼ばれる先頭ページです。表2はオモテ表紙である「表1の裏面」を言います。そして表3はウラ表紙である「表4の裏側」のページで、表4が「裏表紙」と呼ばれる最後のページを指します。次に、小口は見開きにした状態の両端、綴じてある部分の反対側のことです。ノドが見開きにした状態の中央部分、綴じてある部分を指し、天が冊子の正しい向きにおける上のことです。最後に地は、冊子の正しい向きにおける下を言います。
ページ数に関しても時々誤解があり、注文内容とぺージ数、料金が違って確認作業が発生します。ページの総数は、上記の表1~4と、本文ページ数を足したページ数になります。これはたとえ白紙のページがあったとしても1ページと数えます同じです。印刷するデータのページ数ではないことに注意が必要です。こういったことを理解した上で発注しないと、納期が遅れたり追加の料金が発生することがありますので、用語を正しく理解して使いましょう。理解が怪しい言葉があれば確認するのが吉です。

TOP